投稿記事

探し方を知る

転職するときには、まず自分に合った仕事探しを行っていく必要があります。求人の探し方は求人サイトを見て行なう方法が一般的ですが、他にも様々な方法があるので知っておきましょう。

詳細を見る

辞めるタイミング

転職するときの一番の問題点は辞めるタイミングですが、どのタイミングであってもメリットがあります。きちんとメリットを理解して、積極的に新しい仕事を探していきましょう。

詳細を見る

専門のサイト利用

転職は、人生の中でも大きな転機になります。そのため、しっかりと下調べや情報を得てから行動していくことが求められます。専門の求人サイトには様々な情報が載っているので、参考になります。

詳細を見る

新たなステージへ

お子さまと接する仕事がしたくて保育士の求人をお探しなら、こちらで検索しましょう。無料で就業支援セミナーも受けられますよ。

北陸エリアに強いから仕事探しにも便利。富山の転職はキャリア検索できる專門情報がおすすめ。就職相談サービスも利用できますよ。

日本の労働慣行にも変化の兆しが出てきている

日本では長い間、年功序列の労働慣行が維持されておりました。同じ会社に一生勤めることが当たり前で、転職することはデメリットの方が大きいとされていました。近年は能力主義に社内の評価を転換するようになった来ており、年功序列の賃金体系も少しずつではありますが、見直されるようになっています。家族主義的な会社運営ではグローバルに競争する時代には企業が生き残れなくなったということが大きな要因です。労働者の価値観の変化がそれに輪をかけています。優秀な人ほど転職についてのアレルギーが無くなっており、海外でMBAの資格を取った人の転職が市場の活性化を呼んでいると言えます。企業にとっては優秀な人をどう処遇するかという新たな問題が出て来ています。

転職が勲章となる時代が日本にもやってくる

欧米では優秀な人材ほど転職の経験が多いと言われています。日本では自分の会社のことを良く知っていないと経営はできないと思われていますが、欧米の考え方は日本の考え方と異なります。会社での経営でも或は管理の仕事でもポイントはどの会社でも同じなので業種が変わったとしても充分仕事はできるというのが基本的な考えです。優秀なマネージャーであれば思考パターンさえしっかりしていればどのような業種、どのような会社、どのような立場でも仕事が出来ると考えます。業種を越えてCEOが転職するのはこのことを明確に示しています。漸く日本でも同様な現象がごく一部ですが見られるようになりました。グローバル化の影響もあり、今後はこの傾向が更に広がると思われます。